全国地域リーグ決勝大会

JFLNewsに戻る
地域決勝TOP
大会日程・結果
参加チーム紹介
大会概要
前回大会結果


【参照サイト】





12番乗り場





  参加チーム紹介

ノルブリッツ北海道FC 北海道 1位

平成15年度創立。 チームの前身は1985年に創部された「北海道電力サッカー部」がクラブチームとしてノルブリッツ北海道FCに生まれ変わりました。「ノルブリッツ」とはドイツ語の「北=Nord」と「稲妻=Britz」を組み合わせた造語で、北の大地を鮮やかに照らし出す稲妻の輝きと力強さにチームの未来と希望を託しています。北海道に根ざした活動を通じてアマチュアサッカーの振興と発展を目指します。地域決勝にお馴染みのチームですが、そろそろ北海道にJFLを。
ノルブリッツ北海道FCオフィシャルサイト:http://www.norbritz.jp/index.html


グルージャ盛岡 (Grulla盛岡) 東北 1位

岩手県からJリーグチーム参戦を念頭に、03年にNPO法人組織「Jリーグチームを盛岡に作る会」を設立。母体となるチーム選定には盛岡ゼブラ・新日鐵釜石・大宮クラブなど候補があがるが盛岡商業高・盛岡中央高のOBらで結成した東北2部リーグ所属のヴィラノーバ盛岡を母体チームに決定。04年に公募からスペイン語の「鶴」・盛岡藩藩主南部氏の家紋「向鶴」.盛岡名物「じゃじゃ麺」・方言につかわれる「じゃ」の響きに由来しチーム名を『グルージャ盛岡』として始動。前年度のTDK SCの優勝からも東北リーグのレベルは実証済み。TDK SCに続けとばかりに意気が上がる。
グルージャ盛岡オフィシャルサイト:http://www.grulla.jp/


NECトーキン 東北 2位

1960年に創部し、1993年に東北リーグ昇格。その後、1998・99年と東北リーグを優勝。その後2002年に 『NECトーキン』へとチーム名を変更しました。その後2003年・2007年と準優勝を重ねながら、今回の大会出場に伴い、地域決勝は3回目の挑戦となります。チームは、企業チームとしての会社を盛り上げる意味においてもJFL参入を目指しており、今大会での活躍が期待されます。
NECトーキンオフィシャルサイト:http://www.k3.dion.ne.jp/~aid12/


FC町田ゼルビア 関東 1位

1977年設立のチームで、市民のための総合型スポーツクラブ創設に向けた一環として1989年にFC町田ゼルビアが誕生する。2003年に後援会組織をNPO法人化しAC町田を設立、2004年よりチーム運営を委託、 竹中穣ら町田出身や縁のあるJリーガーを中心に補強をして、2005年東京都社会人リーグ1部優勝・関東社会人サッカー大会優勝、2006年 関東リーグ2部優勝と成果を挙げ、2007年から関東リーグ1部に臨んだ。この関東リーグでも圧倒的な強さを見せ優勝。怒涛の勢いで決勝大会へと駒を進める。愛称の「ZELVIA」は町田市の樹・ケヤキ「zelkova」と、花・サルビア「salvia」を合わせた造語である。今年出場するチームの中で、注目されるチームの一つとなる。

FC町田セルビアオフィシャルサイト: http://www.machida-zelvia.com/


松本山雅FC 北信越 1位

1965年に当時の長野県選抜の選手を中心に結成されたチームで、1975年の北信越社会人リーグ発足以来、在籍し続ける唯一のクラブチームである。2004年に地元有志によるNPO(特定非営利活動法人)「アルウィン・スポーツ・プロジェクト(略称:ASP)」が発足し、山雅SCを母体として、Jリーグ入りを目指している。 2005年2月より、ガンバ大阪などでプレーした、元柏レイソル青梅ユース監督の辛島啓珠が監督に就任、チーム名を「松本山雅FC」に改称し、選手も元Jリーガーをはじめ県内外の有力選手が入団している。過去にリーグでは優勝1回、準優勝3回、3位3回という成績を収め、1997年・2006年には天皇杯全日本サッカー大会に長野県代表として出場し、2006年は2回戦に進出の成績を出している。2005年は北信越社会人サッカーリーグ2部を優勝。1部昇格を果たし2006年は最終節までJAPANサッカーカレッジと、同じく長野県の長野エルザSC(現:AC長野パルセイロ)と激しい優勝争いを演じたが2位に終わり、今年はこの雪辱を果たし長野パルセイロとの接戦を制し、リーグを優勝し、決勝大会へのチケットをつかんだ。今年の大会第1ラウンドは、松本で行われる事もあり、松本で試合を行う事は、大きな追い風になるのは間違いない。

松本山雅FCオフィシャルサイト: http://alwin.org/index.php


静岡FC 東海 1位

チームは1980年代の後半に東海リーグに所属し、その後は静岡県リーグで活動していた「静岡やまき屋SC」が母体で、2001年に「静岡FC」の名称で再スタートを切った。静岡県内に三番目のJリーグチーム誕生を期待するNPO法人「静岡市にJリーグチームを作る会」や地元企業の支援を得てJFL昇格を目指す。決勝大会では、常連ともいえるチームだが、昨年は東海リーグを優勝できず、昨年から適用された『全国社会人サッカー大会』の枠での、大会参加となった。(全国社会人サッカー大会では準優勝) もう場馴れはした、後は結果を残すのみ。今年は勝負の年となる。
静岡FCオフィシャルサイト : http://www.shizuokafc.co.jp/


矢崎バレンテ 東海 2位

現在調査中
 


バンディオンセ神戸FC 関西 1位

バンディオンセはスペイン語でバンディード〔山賊〕、オンセ〔11〕の造語。チームは 『Jのつく場所へ!』を合言葉にJFL昇格を第一目標とし、日々トレーニングを行っております。 本クラブはキッズからトップまで一貫性ある指導を行い国内トップレベルに対応し得る真のスポーツマンとしてのサッカー選手を育成すると共にサッカーを通じてスポーツの正しい理解を深め健全な心身の育成を図り県内スポーツ振興に寄与及び地域社会に貢献することを目的としています。2005年の全国地域決勝大会では、相手チームのレベルが高く惜しくも昇格はならなかったが、その力は全国に知らしめたともいえる。昨年は、組み合わせに泣いた。今年の地域決勝では是が非でも勝ち抜きたい。
バンディオンセ神戸FCオフィシャルサイト:http://www.banditonce-kobe.jp/


ファジアーノ岡山 中国 1位

ファジアーノ(fagiano)はイタリア語でキジ(雉)の意味からなっており、岡山県岡山市を本拠地としている。1975年に川崎製鉄水島製鉄所サッカー部OBチームとして結成されたリバー・フリー・キッカーズに由来する。2001年5月、4年後に開催される国体強化に伴い、全国レベルのチーム作りを行うために中核チームを決めてクラブ化を図ることが決定、2年後の2003年2月にRFKが選ばれた。このチームを元にファジアーノ岡山FCとして再出発する。2005年・2006年と全国地域リーグ決勝大会へ出場し敗退も、あと一歩までの所には来た。今年はJFL昇格が至上命題となる。

ファジアーノ岡山オフィシャルサイト:http://www.fagiano-okayama.com/


FCセントラル中国 中国 2位

現在調査中
FCセントラル中国オフィシャルサイト:http://www.fccentralchugoku.net/


徳島ヴォルティス・アマチュア 四国 1位

2002年に徳島県サッカー協会が中心となって結成された徳島FCカバロスが前身で、単独チームでJリーグ入りを目指していたが、2005年3月にJリーグクラブの徳島ヴォルティスに譲渡され、ヴォルティス傘下のクラブチーム「徳島ヴォルティス・カバロス」として再出発。アマチュアチームとして、プロのトップチームとユースチームの間に位置し、ジェフリザーブズと同様に選手の育成を目的に試合を戦っている。2006年2月に四国リーグ入替戦に勝利し、四国リーグ昇格を機に、徳島ヴォルティス・カバロスから徳島ヴォルティス・アマチュアに名称変更を行った。今年は昨年の覇者カマタマーレに競り勝ち、大会への切符をつかんだ。

徳島ヴォルティス・アマオフィシャルサイト:http://www.vortis.jp/school/amateur.php


ニューウェーブ北九州 九州 1位

クラブの母体は三菱化成サッカー部で、2001年に北九州市と地元企業などが共同で設立した「北九州FC」に運営母体を移し、ニューウェーブ北九州とチーム名を改めた。「北九州からJリーグチームを」を合言葉に、まずはJFL参加を目指している。今年は、前年までFC琉球監督だった与那城ジョージを新監督にFC琉球の選手が数名移籍して、シーズンを戦った。最終節でホンダロックを逆転し、リーグ優勝をして決勝大会に駒を進めた。FC琉球での地域決勝大会経験者が数名、そして大会を優勝をしている与那城ジョージが監督しているのは非常に心強い。この大会の台風の目となる可能性があるチームだ。

ニューウェーブ北九州オフィシャルサイト:http://www.kitakyushu-fc.org/


ホンダロック 九州 2位

1964年に社内サークル活動の一環として、本田ロック黒潮会サッカー部が創設された。1997年に九州リーグ昇格を果たし、ホンダロックサッカー部と改称。2年後、会社の公式クラブとなり、より強力なバックアップを受ける。その結果、創部40年となる節目の2004年に、悲願の九州リーグ初制覇を達成した。全国地域リーグ決勝大会で3位となり、初挑戦でJFL昇格を決めた。「人間尊重」「喜びの創造」を理念に、宮崎県スポーツ文化向上の一翼を担う。地域密着型で社会的感動を創造し、従業員の起爆剤としての役割、人材育成を目的に、「アマチュア企業スポーツで世界一」を目標にJFLに挑戦した。しかし、2005・2006年とも下位に低迷し、2006年末にFC岐阜との入れ替え戦で合計スコア1-8で敗戦し、JFL在籍わずか2年で地域リーグに降格する事になった。今年雪辱に燃え、優勝はならなかったものの、地域決勝大会へ駒を進めた。チームとして地域決勝大会の戦い方を知っている事は大きなアドバンテージになるに違いない。
ホンダロックオフィシャルサイト:http://www.hondalock-sc.info/


FC Mi-O びわこ Kusatsu 全社枠

2005年末まで「佐川急便京都サッカー部」として活動してきたチームが、2006年に「FC Mi-O びわこ Kusatsu」と名称変更し、活動拠点を滋賀県草津市に置いたチーム。名前の「Mi-o」は近江の逆さ読みとイタリア語で「みんなの」「愛するべき~」という意味を持つ。将来のJリーグ参入を目指し、地域に愛され、地域に根付いたチーム運営を心がけ、また県内すべてのサッカーに携わる方々の目標となりうるチームづくりを目指しています。前回の大会の経験を生かして、今回は全社枠で地域決勝大会に挑む。 
FC Mi-o びわこ Kusatsuオフィシャルサイト: http://www.fcmi-o.com/
Copyright © JFLNews All Rights Reserved./ Template by Netmania