全国地域リーグ決勝大会

JFLNewsに戻る
地域決勝TOP
大会日程・結果
参加チーム紹介
大会概要
前回大会結果


【参照サイト】










  参加チーム紹介

ノルブリッツ北海道FC 北海道 1位

平成15年度創立。 チームの前身は1985年に創部された「北海道電力サッカー部」がクラブチームとしてノルブリッツ北海道FCに生まれ変わりました。「ノルブリッツ」とはドイツ語の「北=Nord」と「稲妻=Britz」を組み合わせた造語で、北の大地を鮮やかに照らし出す稲妻の輝きと力強さにチームの未来と希望を託しています。北海道に根ざした活動を通じてアマチュアサッカーの振興と発展を目指します。地域リーグへの出場は前チームから数え12回目となります。地域決勝にお馴染みのチームですが、そろそろ北海道にJFLを。
ノルブリッツ北海道FCオフィシャルサイト:http://www.norbritz.jp/index.html

TDK 東北 1位

TDKサッカー部は、人間育成と地域の活性化を図るべく、昭和40年(協会加盟41年)創設され、東北社会人リーグには第6回大会(昭和57年)より加盟し、地域リーグ決勝大会3度目(3年連続優勝)のチャレンジで、北海道・東北ではじめて日本リーグ2部昇格を成しとげました。(1985〜1986年在籍)。 過去にも地域決勝大会にも数多く出場しており、企業チームの古豪としても知られるチーム。チームの勝利により、会社や地域の活性化に貢献するため決勝大会での活躍が期待される。
関連サイト: なし

NPO横浜スポーツ&カルチャークラブ 関東 1位

1986年に「横浜サッカー&カルチャークラブ」として創立し、2002年にNPO法人化。この時、「Y.S.C.C.」の呼称を残しつつ、総合型スポーツクラブへの発展を視野に入れて名称を変更。2005年には、日本体育協会の総合型地域スポーツクラブ育成支援事業、育成指定クラブに認定され、真の総合型地域スポーツクラブとして歩み始めました。現在クラブ員は約600名にのぼり、サッカーはもちろんのこと、バスケットボール、テニス、ソフトヨガなど多種多様なスポーツを展開し、幼稚園から大人、女性とあらゆる世代の人がクラブに参加しています。
Y.S.C.Cオフィシャルサイト: http://www.yscc1986.net/

ホンダルミノッソ狭山FC 関東 2位

1967年に創部し、1991年に関東社会人サッカーリーグ昇格しました。これまで4度のリーグ優勝を果たしています。また、全国社会人サッカー選手権大会で3連覇を達成しており、JFLを除く社会人チーム最強チームと言っても過言では無いかも。企業チームが年々少なくなっている中、少年サッカー大会を開催するなど、地域との交流を深め子どもたちに夢と感動を与えられるチームを目指しており、JFL昇格を実現し、名実共にアマチュア最強を目指します。地域リーグでも古豪として他のチームからも一目置かれますが、そろそろJFLへ昇格を決めたいところだ。
ホンダルミノッソ狭山関連サイト: http://www.kanto-sl.jp/team11_honda.htm
( 関東サッカーリーグ公式サイト内 )

Japanサッカーカレッジ 北信越 1位

1995年チーム設立、2002年アップルスポーツカレッジからJAPANサッカーカレッジへチーム名変更をし、新潟県リーグを経て2003年北信越リーグに参戦。攻守共にイニシアティブを取りアグレッシブなサッカーを展開する。サッカー界におけるあらゆる分野のトップスペシャリストを目指すための専門学校が、このJapanスポーツカレッジの教育コンセプトであり、さらなる高いレベルでの試合経験を積むため、是が非でもこの地域決勝を勝ち抜きたい。長野エルザや松本山雅を差し置いて勝ち抜いてきた力は侮りがたい。
Japanサッカーカレッジオフィシャルサイト: http://www.cupsnet.com/index.html

FC岐阜 東海 1位

2001年4月に設立のチームで、県サッカー協会、岐阜経済大学教職員、学生、民間有志を中心に結成されたスティックルバック・スポーツクラブ(SSC)を運営母体としている。特定非営利団体法人の認可を受け、「ゆとりある地域社会の実現と個性豊かな地域文化の創出」への活動を続けています。プロサッカーを目指す多くの少年たちや、高い志を持つ選手の受け皿として、更なるステージを目指すため、地域決勝大会へ望む。戦力を見ても優勝候補にあげられるチームのひとつだろう。
FC岐阜オフィシャルサイト: http://www.fc-gifu.com/

バンディオンセ神戸FC 関西 1位

バンディオンセはスペイン語でバンディード〔山賊〕、オンセ〔11〕の造語。チームは 『Jのつく場所へ!』を合言葉にJFL昇格を第一目標とし、日々トレーニングを行っております。 本クラブはキッズからトップまで一貫性ある指導を行い国内トップレベルに対応し得る真のスポーツマンとしてのサッカー選手を育成すると共にサッカーを通じてスポーツの正しい理解を深め健全な心身の育成を図り県内スポーツ振興に寄与及び地域社会に貢献することを目的としています。2005年の全国地域決勝大会では、相手チームのレベルが高く惜しくも昇格はならなかったが、その力は全国に知らしめたともいえる。今年の地域決勝では是が非でも勝ち抜きたい。
バンディオンセ神戸FCオフィシャルサイト:http://www.banditonce-kobe.jp/

FC Mi-O びわこ Kusatsu 関西 2位

2005年末まで「佐川急便京都サッカー部」として活動してきたチームが、2006年に「FC Mi-O びわこ Kusatsu」と名称変更し、活動拠点を滋賀県草津市に置いたチーム。名前の「Mi-o」は近江の逆さ読みとイタリア語で「みんなの」「愛するべき~」という意味を持つ。将来のJリーグ参入を目指し、地域に愛され、地域に根付いたチーム運営を心がけ、また県内すべてのサッカーに携わる方々の目標となりうるチームづくりをしていきたいと思います。JFL昇格も視野に入れ草津市民・滋賀県民の代表という誇りを胸に地域決勝大会に挑む。
FC Mi-o びわこ Kusatsuオフィシャルサイト: http://www.fcmi-o.com/

カマタマーレ讃岐 四国 1位

高松商業高校のサッカー部出身選手によって結成された高商OBサッカークラブとして、1977年に創設され、1991年に香川紫雲FC、2000年にサンライフFCと改名し、サンライフとのスポンサー契約満了をもって高松FCと改名、そして2006年にJリーグ参入を目指す目標をたて、カマタマーレ讃岐と改名し新たに出発した。クラブの運営母体はNPO法人の高松スポーツクラブで、クラブ名のカマタマーレは地元の名産品釜玉うどんとイタリア語で海を意味する「マーレ (Mare)」を合わせた造語からなる。カマタマーレの名として初地域決勝に参加となり、今の実力でどこまで戦えるか楽しみなチームの一つである。

カマタマーレ讃岐オフィシャルサイト:http://www.kamatamare.jp/

ファジアーノ岡山 中国 1位

ファジアーノ(fagiano)はイタリア語でキジ(雉)の意味からなっており、岡山県岡山市を本拠地としている。1975年に川崎製鉄水島製鉄所サッカー部OBチームとして結成されたリバー・フリー・キッカーズに由来する。2001年5月、4年後に開催される国体強化に伴い、全国レベルのチーム作りを行うために中核チームを決めてクラブ化を図ることが決定、2年後の2003年2月にRFKが選ばれた。このチームを元にファジアーノ岡山FCとして再出発する。2004年に中国社会人リーグ進出をかけて鳥取KFCと行われた入替戦で勝利し、昨シーズンは2位の成績を収め全国地域リーグ決勝大会へ出場したが、1次リーグで敗退。今回の大会に夢をかける。

ファジアーノ岡山オフィシャルサイト:http://www.fagiano-okayama.com/

V・ファーレン長崎 九州 1位

2004年設立のチームで、2006年以内にJFL参戦、2010年以内のJリーグ入りを目標に目指して活動している。チーム名はオランダ語の「航海する=VAREN」(ファーレン)と「平和=VREDE」(ブレーダ)、ポルトガル語の「勝利=VITORIA」(ヴィトーリア)、の3つの言葉が語源になっている。 高校サッカーの名門国見高校OB主体の国見FCと1999年度からの5年で3度の長崎県1部リーグ優勝の実績を誇る有明SCが合併し設立、04シーズンの長崎県1部リーグを無敗で制し、第28回九州各県リーグ決勝大会出場。大会前の補強も功を奏し、準優勝で九州リーグ昇格。九州リーグ開幕前にチーム名を『V・ファーレン長崎』と改称。初参戦3位という成績を納める。 JFL昇格を至上命題とする今シーズンは多数の即戦力が新加入。これによりkyuリーグ優勝を達成し、地域決勝に望む。地域決勝1次ラウンドも島原で行われる事から、この大会では負けられない。
V・ファーレン長崎オフィシャルサイト:http://v-varen.com/

新日鐵大分 九州 2位

1973年に創部。Kyuリーグの中から、Jリーグ・JFLへ昇格していくチームが多い中、Kyuリーグ企業チームの雄として毎年安定した戦いを見せているチーム。 (他コメント募集中)
新日鐵大分関連サイト: http://park8.wakwak.com/~kyu-league/team/sinnitetu.pdf
(Kyuリーグ公式サイト内)

静岡FC 全社枠

チームは1980年代の後半に東海リーグに所属し、その後は静岡県リーグで活動していた「静岡やまき屋SC」が母体で、2001年に「静岡FC」の名称で再スタートを切った。静岡県内に三番目のJリーグチーム誕生を期待するNPO法人「静岡市にJリーグチームを作る会」や地元企業の支援を得てJFL昇格を目指す。決勝大会では、常連ともいえるチームだが、今回は東海リーグを優勝できず、今年から適用された『全国社会人サッカー大会』の枠での、大会参加となった。(全国社会人サッカー大会では準優勝) 大リーグのプレーオフで言えば、ワイルドカード見たいなもの。奇跡的にも得たこの参加枠を、なんとしても大事にしたいところ。
静岡FCオフィシャルサイト : http://www.shizuokafc.co.jp/
Copyright © JFLNews All Rights Reserved./ Template by Netmania